健康寿命をのばそう!食と生活を見直そう!

スポンサードリンク

血糖値の正常値と平均値

血糖値は、正常値や平均値が決められています。

 

血糖値の正常値や平均値は、年齢や性別をはじめ、様々な要因によって血糖値が変化することを考慮して、決められた値です。

 

血糖値の正常値は一般的に、空腹時に測定した時のもので、空腹時において109咫殖筍賁にが正常値とされています。

 

また、血糖値は食後2時間後に上昇すると言われており、この上昇を考慮して食後2時間後の血糖値の正常値は、140咫殖筍賁にとなっているのです。

 

空腹時の血糖値が109咫殖筍賁にという正常値を超えてしまった場合や、食後2時間の時点で血糖値が140咫殖筍譴鯆兇┐討靴泙辰討い訃豺腓砲蓮病院でさらに詳しい検査を受けた方がよいでしょう。

 

血糖値は、109咫殖筍賁にが正常とされているのですが、平均値は年齢や性別によっても少し違ってきます。

 

20歳〜29歳の平均値は、男性が90咫殖筍譴如⊇性が89咫殖筍譴箸覆辰討り、40歳〜49歳の平均値は、男性は98咫殖筍譴如⊇性が96咫殖筍譴箸覆辰討い泙后

 

年齢が上がるにつれて、血糖値の平均も上がっていき、70歳以上では男性が108咫殖筍譴如⊇性が112咫殖筍譴箸覆辰討い襪茲Δ任后

 

血糖値を測定したら、自分の年代と比べてみてはいかがでしょうか。

 

血糖値が自分の年代の平均値や、正常値を上回る人は、血糖値をコントロールし、糖尿病の悪化を防ぐようにするとよいでしょう。

 

 


-|-|-|-

朝活は要注意?脂肪吸収しやすい魔の時間とは

JUGEMテーマ:健康

朝型女子は要注意です。脂肪を吸収しやすい魔の時間は夜だけじゃないんですよ!

“朝活”今流行りの言葉ですが、朝早く起きる朝型女子が増えてきたそうです。
理由は簡単、朝早く起きると1日が有効に使えて得した気分になるからなんですが、

しかし、この時間に“魔”が潜んでいるんですよ。

そうです、問題は早起きした日の「朝食」なのです。

朝なら、何を食べても太らない、というわけではないので注意が必要です。

「BMAL1」ってご存知ですか?
「BMAL1」とは、脂肪の合成を促進して体内に溜めこみやすくするタンパク質のことをいいます。

この「BMAL1」というタンパクは、我々のカラダにそもそも備わっている体内時計と連動していて、
1日の中でも強力に働く時間帯があるのだそうです。

そうなんです、この時間帯こその時間”なんだそうです。

時間栄養学というものによれば、私達が食した食べ物の栄養は、食した時間帯により体内での効果や影響が大きく変わることが明らかになっています。

この魔の時間帯はなんと、1日に2回あるそうなんです。

そうです、結論から言えばその一つの時間帯が、午前6時なんです。

実は早朝は太りやすい時間帯で、朝6時に朝食を摂ると、夜の10時と同じくらい「BMAL1」の働きが強いとのことなんです。
朝だから大丈夫とばかりに、デニッシュやバターたっぷりのトーストを食べると・・・

危険!要注意!!

逆に、「BMAL1」の働きが一番弱まる時間帯が午後2時と言われています。

この時間帯にスイーツやデニッシュを食べたとしても、脂肪として蓄積される分量が少なくなるそうなんです。

ダイエットを意識しているアナタ!昼食をこの時間帯にずらすのもおススメですよ!

朝だったら何食べてもOK!と思っていたアナタ、どうやら、そうでもないようですね。

近頃お腹周りがちょっとたるんできた!最近お肌の調子がイマイチ!という方、朝食を見直してみるといいかも知れませんね。

とはいえ、食事をとっておかないと仕事に差し障りが・・・

むつかしい選択です。だからダイエットは?

 


この記事に関するより詳しい情報はコチラ

http://woman.infoseek.co.jp/news/neta/lbr_52619

 

-|-|-|-

喫煙は悪!健康寿命と平均寿命の差

JUGEMテーマ:健康


健康寿命と平均寿命の差ってご存知ですか?今回はこの差について、また、喫煙、タバコの関係について書いてみます。

おそらく今後の老人社会を考えるとき、健康寿命をのばすことがいかに大事かお分かりいただけるものと思います。

まず、健康寿命と平均寿命の差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味します。

健康寿命とは、もともと日常生活に制限のない期間のことですから、その差が広まれば広まるほど

医療費や介護給付費を消費する期間が長くなるということになるんです。

ところでその差は、男性で9.13年、女性12.68年となっています。これは平成22年厚生労働省の発表ですから、それから4年ほど過ぎているので今では若干伸びているのかもしれないです。

今後健康寿命と平均寿命のこの差を短縮していくことが大きな課題です。そのためには個人一人ひとりが健康寿命をのばす努力をする必要があるようです。

また、厚生労働省の報告によると、平成22年より以前10年間の平均は健康寿命は伸びているという結果が出ています。

ところがです、平均寿命の方はそれ以上に伸びているんですよね。つまり、医療費や介護給付費の消費をお仕上げているということです。

ちなみに以前にも書きましたが、健康寿命の最も長いのは、男性は愛知県、女性は静岡県という結果が出ていますが、

政令指定都市で見てみると、浜松市がトップという結果が出ています。

この健康の秘訣が、緑茶とウナギ、なんだそうです・・・

特に緑茶に含まれるカテキンは老化を防ぐ働きがあるんですって。

浜松市といえば静岡県、静岡県といえば言わずと知れたお茶の産地、浜松はうなぎの産地・・・なるほど納得ですね!


ところで、健康寿命をのばすには、効果的なものといえば、

一日10分の運動。
食生活で野菜を多く摂るように心がける。
そして、禁煙・・・だそうです。

なかなか出来そうで出来そうにないことなんですよね、これが。

あなたは肩身の狭い思いをしながらまだタバコをふかしているんですか?

禁煙は割と楽に出きますよ今は。禁煙しようという意思さえあれば。

そんな時こちらもお役に立ちますよ。






今後、平均寿命の伸びに伴い不健康な期間も伸びていくと予想されるようです。

私たちは平均寿命の伸び以上に健康寿命をのばす、健康づくりに一層推進する必要があるようです。

健康寿命を延ばすことは不健康な状態になる時点を遅らせるということです。

普段の生活、食生活など、この際見直してみましょうよ、一緒に。




 

-|-|-|-

高血糖を抑えてくれる「家康も愛した」麦

JUGEMテーマ:健康

麦には、白米と比べて食物繊維やカルシウム、カリウム、肌を美しく保つためのビタミンB2が多く含まれている上、

麦に含まれるβ-グルカンという水溶性食物繊維の働きにより、
食物の消化吸収をゆっくりにしてくれるので、

食後の血糖値の上昇が穏やかになり、食後高血糖を抑えられる効果があります。

最近目にする機会の少なくなってきた麦ご飯ですが、コンビニなどのキャンペーンで取り上げられたりし、日の目を見始めてきた感はありますが、まだまだですね。

そこで意外と簡単!麦ご飯の炊き方伝授します。

麦ご飯にするための大麦は、スーパーなどで簡単に手に入れることができますよ。

(1)白米8割に対して裸麦2割を混ぜ合わせ、とぎ洗いをする。
(2)白米だけのときより少し多めに水を入れて、1時間ほどおいてから炊飯する。
(3)蒸らし時間をやや長めにすると、より一層美味しくなる。
 
以上ほんとに簡単でした。
要は毎日食べる白米にちょい足しするだけなんですね。それで、太りにくく美肌になれちゃうんです。

”麦”・・・ご飯だけでなく、いろんな料理に取り入れてみるのもいいですね。

麦は粒は大きいけれど煮えやすいので、
スープなどに混ぜればマカロニのようなぷるんとした食感が楽しめますよ。
あとはあなたのオリジナルレシピ創作してみてくださいね。

以上今回も参考になったでしょうか?
麦レシピといえば、インターネットで探してみるのもいいかも・・・



 

-|-|-|-

食べると太りにくい体質になる「家康も愛したアレ」とは?

JUGEMテーマ:健康


食べると太りにくい体質になる「徳川家康も愛したアレ」・・・とは?

ズバリ!・・・

「五穀の長たり」といって健康食としての側面を持っているんですね。

素晴らしい食材といえる麦は、
あの「鳴くまで待とうホトトギス」の徳川家康も好んで食べていたという記録が残っているんです。

しかし次第に食卓から姿を消した麦ご飯、
今の若者は麦ご飯など食べたことはおろか見たこともない人の方が多いんではないでしょうか。

ところがこの麦を食べることで、太りにくい状態をキープできるようになると今話題になっているんです。ご存知でしたか?

麦は、白米と比べて食物繊維やカルシウム、カリウム、肌を美しく保つためのビタミンB2が多く含まれていて、麦に含まれるβ-グルカンという水溶性食物繊維は、食物の消化吸収をゆっくりにしてくれるんだそうです。

私たちの体は、食事をする⇒血糖値が上がる。
すると、血糖値を下げるために⇒インスリンが放出。
インスリン大量に放出⇒内臓脂肪がつきやすくなる

そこで、麦を食べることで食物の消化吸収をゆっくりにしてくれるので、
食後の血糖値の上昇が穏やかになるというのです。

朝食を白米から麦ご飯に変えるだけで、夕食まで食後高血糖を抑えられるのだとか。

これはつまり、”一日中太りにくい状態をキープできる”ということですね。

血糖値が気になる方、麦ご飯見直してみる価値“”と思いませんか。

徳川家康も愛したアレ!・・・とは・・・麦のことでした。




 

-|-|-|-
記事がお役に立てば応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ
Copyright © 健康寿命をのばそう!食と生活を見直そう! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます